「パイレーツ・オブ・カリビアン」を2作目まで見た。いやはや、エンタメとして最高の面白さ。1作目は、めでたしめでたしのエンディングで「わーい、楽しかった」で終わったのに、2作目は「うおー、どうなるの、スズメ船長?」と、とんでもない終わり方。気分的には2作目の感想を書き連ねたいところを、頭を冷やす意味も含めて、順序良く1作目から。
調子に乗って書き直しをしたら、また余計に長くなっちゃいました…。(^^ゞ


まずは気に入ったシーンを3つばかり。
その1:
物語が始まって間もなく、スズメ船長と鍛治屋青年が対戦するところ。
剣さばきはもちろん、鍛治屋の内部をうまく利用しつつ、大道具小道具をフルに活用してのアクションはとても楽しい。お互い口も達者で。(*^。^*) それにこの戦闘中に、鍛治屋青年の仕事ぶり、性格、立場などが自然と伝わってくるしかけ。うまいなあと思う。
その2:
白鳥嬢とスズメ船長が無人島に置き去りにされたシーン。
偶然ラム酒を掘り出した二人、酔いつぶれるまで飲んで踊る。スズメ船長、これはチャンスとばかりに(?)お嬢さんを口説きにかかるが、あえなく撃墜されてしまう。しかも先に潰れたし(笑) それはともかく、ラム酒片手に「ブラックパール号が真に意味するもの、それは…」なんて語るところはいいね。船長の本気がチラリと見える貴重な場面。
さらにその翌日、ラムを燃やしてしまった白鳥嬢の背中に思わずピストルを向け、こりゃだめだとばかりに下ろしてしまう船長が可愛かった。
お嬢さんがラムを燃やした理由は二つ。一つはのろしをあげて父親たちに居場所をアピールするため、もう一つはたぶん……「ラムは男を豹変させる悪魔の飲物」だから。しかし、豹変したのはむしろお嬢さん、あなたの方では?
その3
最後、絞首刑から逃げ出したスズメ船長が立ち去る落ちるところ。この直前、鍛治屋青年とタッグを組んで立ち回るシーンもかなり好きなのだが、アクション系は挙げたらキリがないのでパス。
総督、提督、白鳥嬢、それぞれに別れの挨拶を告げて(多分に皮肉こもっているやつ)最後、鍛治屋青年には “Nice hat!” とひと言告げるのみ。1回目に見た時は「なんで帽子?」と思ったけど、2回目にわかった。兵士たちに取り囲まれ、二人背中合わせになったとき、青年の帽子の羽飾りが顔に触れてくすぐったかったらしい。ま、「立派な帽子をかぶれるほどのご身分なっておめでとう」ぐらいの意味があったのだろうけど。こういう、言葉にならない部分でものすごく語っているところがいいのよね、この映画。
本当はもう一つ、ブラックパール号の呪いがとけるシーンがあるのだけど、それは別格なのでのちほど。
さてさて、この映画で何に感心したかといえば、ストーリー的に王道をきっちり押さえつつ、あちこち寄り道しては観客をハラハラさせるのが素晴らしく上手いということ。剣を持っての立ち回りは派手だし、海賊船同士の戦闘シーンは圧巻。特に呪われた海賊たちが地底を歩くシーンにはゾクゾクきた。
話の流れとしては、呪われた海賊船を元船長が呪いを解いて取り返す話にお姫様の救出劇が絡み、すったもんだあった末に、最後はどちらもハッピーエンド。冒険活劇のネタとしては超オーソドックス。その分、主人公がかなりユニーク。
それがつまり、スズメ船長。ほぼ間違いなく主人公(≠ヒーロー)なんだけど、ぱっと見、カッコよくない。ラムを飲んでなくても千鳥足だし、決して北を指さないコンパスを後生大事に抱えているし、やることなすこと行き当たりばったりで、恐ろしく口先がうまい。(剣の腕前も同じくらい見事だけど)
命の危機にさらされるたび、言葉巧みに取引を持ちかけ、それで駄目なら派手に立ち回って混乱を起こし、スキを見てするりと逃げる。それでいて、己の目的だけは必ずきっちり果たすという実に不思議なキャラクター。
また、基本的に殺しはやらない。絞首刑の前に延々と罪状が読み上げられるが、その中に「殺人」の言葉はない。いつも何を考えているのかわからないが、ここぞという時にだけ、顔つきが真剣になる。
こりゃ本物の自由人だなあと感心感心。欠点があるとすれば、飄々としすぎて、ファンの好意を寄せ付けない雰囲気を漂わせているところだろうか。風を箱に閉じ込めることはできない。
色んな意味であてにできない(?)船長に代わり、ヒーロー役を引き受けているのが鍛治屋の青年。彼は、顔もスタイルも剣の強さも情熱の強さも、時として「馬鹿」がつくほどの正直さも申し分ない。
この青年は密かに白鳥嬢に思いを寄せていたが、彼女が海賊にさらわれたと知るや、スズメ船長に掛け合って海賊船に乗り込み、救出に向かうという一途さ。そこから本格的な冒険が始まる……のではなく、実は一足先に白鳥嬢が海賊相手に駆け引きを挑むところから冒険が始まっていたりする。
この白鳥嬢がもう、とんでもないじゃじゃ馬で、オトコマエという言葉は彼女のためにあるのではないかと思ったほど。危機が迫れば海賊どもに指示を下すし、海に落ちても自力で島まで泳ぎ着くし、鉄砲は平気でぶっ放すし、度胸と頭の回転の良さはそのへんの海賊よりずっと上。ヒロインがヒーロー並にたくましくて強いのも、この話の面白さ。
さて、肝心の敵キャラはどうかといえば、これがまた飼い犬に手をかまれたというか、スズメ船長、反乱に会っているんですな。原因はもちろんお宝をめぐって。船長の元部下が今や船の持ち主。それがリンゴが大好きなパルボッサ船長。彼、表向きは残虐でずる賢い役だったけど、芯はけっこういい人っぽかったな。誘拐してきた白鳥嬢をきちんともてなすし、スズメ船長に対して気を許した笑みを投げかけている瞬間もある。反乱をおこしたのは欲に目がくらんで、そして残虐な行為は長年の苦しい呪いゆえ、という気がしてならない。
スズメ船長は、どうにかこうにか、敵を欺き味方を欺きつつしながらリンゴ船長以下、ブラックパール号のクルーの呪いを解くに至るのだけど、そのシーンは特に素晴らしかった。まさに鳥肌もの。リンゴ船長の”I feel… cold!” もさることながら、不死身の骸骨から人間に戻ったクルーたちの呆然とした表情、そして急に死に対する恐怖が湧き上がってきてあっけなく海軍に降参するところ、良かったなあ。
さらにスパイスとして効いているのが、時代と背景。イギリスが「東インド会社」という名の植民地政策をせっせと推し進め、海賊どもは大英帝国の海軍によってカリブ海域から一掃されようとしているころ。お姫様はとある植民地の提督の娘。王子様は幼い頃、難破船から救助され、のちに鍛治屋となった青年(だから手先が器用で刃物の扱いにも慣れている)。この、微妙に現実味のある設定大人にも面白いと思わせる一因かな。
ちなみに、お気に入りキャラの番付は
ウィル・ターナー  エリザベス・スワン   ジャック・スパロウ   パルボッサ    ノリントン
鍛治屋 > 白鳥嬢 > スズメ船長>リンゴ船長>ふられた婚約者
番外編として、リンゴ船長の下で働いていた女装二人組。(←本編を見た人なら、おわかりかと/笑)
船長ではなく、鍛治屋惚れなんです。どうもこの手のナイスガイには弱いらしい……と思ってたら、なんと、「指輪」でレゴラスを演っていた役者さんなんですね。ものすごく納得。だってレゴラスはもう身体の芯からエルフで、人間の役者さんが演じているなんて思えないぐらいはまっていたから。

広告