4062850702 時空忍者 おとめ組! (講談社青い鳥文庫)
越水 利江子
講談社 2009-01-16

by G-Tools

話の舞台は戦国時代の安土城。(先日、琵琶湖ドライブに出かけたとき、近くを通りましたv)安土城といえば織田信長。
かつて信長に虐殺された伊賀忍者の生き残り、時空忍者が敵を討つために城へ潜入するも失敗。囚われた仲間を救うため、術を使っている最中にタイムスリップがおきて現代の小学生を巻き込む羽目に……という話。
時空忍者にとって、信長は憎き敵であり安土城は一度潜入したら生きて出られぬ魔王の城。しかし、そのどちらもなんと魅力的に描かれていることか。奔放で気高い魔王としての信長、さらに安土城の贅を尽くした美しさにうっとり。
尾張三英傑の中では信長が最高!と信じているので、こんなに素敵な信長に出会えて嬉しかった。
今朝のラジオで聞いたところによると、今日は信長公の生誕日だそうで。ちょっとした偶然に「へぇ」。


時空忍者に巻き込まれて戦国時代までスリップした小学生女子たち、三人ともキャラが濃い。体質的に時空忍者に近い男勝りの竜胆、忍者おたくで甘いもの大好きで頭の回る三香ちゃん、信長と堂々と渡り合えるほどに天然お嬢の薫子さん。これでなくちゃ、戦国時代を生き延びられないよ。キャラの個性って大事だなあ、と再び(三たび?)痛感。
物語そのものは、いいところで「はい、続きは次号」となっているのが残念(>_<) 続きを読めるのはいつのことか。もちろん、すでに出版されているのですけどね……(もごもご)

広告