4569709834 身もフタもない日本文学史 (PHP新書)
PHP研究所 2009-07-16

by G-Tools

日本文学の基礎体力をつけようとおもって、手を出してみた本。タイトルに惹かれたっていうのもあるかな。
平安時代は源氏物語から近代のSFまで、(特に明治以降は)駆け足ながらも、要所を切り取るハサミの入れ方が素晴らしいのか、実にわかりやすく役に立つ解説だった。
江戸時代の文学解説が一番目からウロコだったと思う。日本の近代文学(世界レベルで見て遜色のないもの)が江戸時代に生まれていたとは! 
そして一番身もフタもない解説がなされているのが明治以降。著者の独断と偏見をちらつかせながらも有名作家をバッサバッサ切りまくる、その刀裁きは爽快。おかげでどの作家を必要最低限読んでおけばいいのかよくわかった。

広告