忙しい忙しいとつぶやいていた割りには結構読めた。これもひとえに職場の本仲間(と勝手にお呼びしてよいものか)がせっせとおすすめ本を貸してくれたおかげ。そのため、いつもとは本の傾向が若干違うかも。

しかし、三浦しおんに出会えたのは大収穫だった。「まほろ」もいいが、神去村もいいねぇ。あとは村上春樹の新作をリアルタイムで読めたのが嬉しい。

O-bakeの本棚 – 2013年05月 (8作品)

 

 

powered by booklog
広告