4120045951 知のミクロコスモス: 中世・ルネサンスのインテレクチュアル・ヒストリー
ヒロ・ヒライ
中央公論新社 2014-03-07by G-Tools

中世から近代へ移り変わる15-16世紀、ヨーロッパの知識人たちは何と格闘していたかのを、当時の世相に照らし合わせながら解読しようとする試み。学問のあり方、神のあり方、生命の起源をどう捉えていたか、などに関する論考が12本。それぞれのテーマは異なっていても少しずつ重なりあう部分を持ち、全体を通すと、当時、ヨーロッパの哲学・神学・自然科学の分野で何が起きていたかが掴めるようになる。

ルネッサンスを経たのち、ラテン語に訳された古代ギリシャの著作に触れる機会が増え、自然科学の知識を増やしてきたヨーロッパの学者たちは、ある壁(あるいは天井)にぶち当たることになる。その壁とは、一言で言うなら神。
世界は神が作った、それゆえ人間は神を知覚することかなわず、神は至高の存在であるとされるキリスト教の教義と、実際に実験・観察で得られた(自然法則の支配する)世界のあり方の間には当然ながら齟齬が生じるわけだが、両者の辻褄をなんとか合わせようとした学者たちの奮闘ぶりがすごい。キリスト教圏ではもともと教会や修道院が高等教育を担っていたこともあり、学問と宗教は非常に密接な関係にあった。宗教上のタブーに触れないようにしながら、人間や自然の存在の根源を追求するため、理屈をこねくり回し、どうにかして神を世界の上位に置こうとする学者や知識人の涙ぐましい努力。この努力がやがて近代への扉を開き、ついに神を世界から切り離すことに成功したわけだが、そこに至る道を見つけた彼らのとまどいと苦悩(あるいは喜び)はいかばかりであっただろう。

インテレクチュアル・ヒストリーという聞きなれない言葉が登場するが、これはひとつのテクストを読み解くにあたり、歴史的・社会的背景を十分に織り込みながら考察したり、逆に、文化史や社会史を研究する際に、対象となる時代に記された個々のテキストを注意深く検証する、という手法である。本書の「はじめに」ではこんなふうに記されている。

インテレクチュアル・ヒストリーとは歴史学と哲学のあいだに存在し、歴史学者の時間や空間に対する感性と哲学者のテクストにのなかに入りこむ浸透力のふたつを同時に必要とするジャンルなのである。

例えば、クラシック音楽の発展の歴史を当時の社会の動きと重ねてたどると、ほぼ同時期のウィーンにいながらモーツァルトとベートーベンの曲風がなぜあんなに違うのか、とか、ハイドンはモーツァルトと年の離れた親友になれたのに、弟子のベートーベンとはなぜそりが合わなかったのかがよくわかったりする。決してベートベンが特殊だったから、というだけの理由ではない。これは楽曲そのものを研究するばかりではおそらく見えてこないと思うのだ。

広告