今ごろ5月の記録を? というツッコミはありますが、一応記録は残しておきたいのでアップします。
この時は庭関係の本を2冊読み比べてみまして、あまりに違う視点や切り口に、目からウロコが落ちまくりです。人間と自然の共生を象徴するのが庭だと思いますが、とても奥が深い。
『ウォーター・サウンド・イメージ』はこれまで読んだ本の中でも理解不能度はダントツ。でも写真が素晴らしい。ある周波数を水に与えると、亀の甲羅のような規則的な模様が現れ、とても神秘的。
『批評理論入門』は、タイトル通り批評的に本を読むための基礎知識=ツールが紹介されていて勉強になりました。

O-bakeの本棚 – 2016年05月 (6作品)
くるみの冒険3竜の王子

 

powered by Booklog
広告