先日、片渕須直監督の初期作『アリーテ姫』を見てみた。正直なところエンタメとして成功しているとは言い難いのだが、表現の方向性や各所に散りばめられたモチーフの意味を考えるにつれ、空恐ろしくなってきたので、その理由について考えてみようと思う。

まずは原作となる『アリーテ姫の冒険』についてざっと紹介。


悪い魔法使いのもとへ無理やり嫁がされたうえ、お城の地下室に閉じ込められたお姫様が、三つの冒険に出て最後には魔法使いを自滅させるお話。お姫様が冒険する童話があってもいいじゃない? という発想で作られた女の子のための「童話」。したがって、フェミ色はかなり強い。
たとえばアリーテ姫の造形。白馬の王子様を待つなんて夢にも思わず、聡明で手仕事の大好きな娘として描かれている。しかし、父王は娘の賢さを非常に嫌悪する。というのも、賢くては嫁の貰い手がないからだ。事実、アリーテ姫は求婚に来た王子たちのプライドをズタズタにしてしまい、まともな王子は来なくなった。
悪い魔法使いによって地下室に閉じ込められた姫は、泣き暮らすどころかまったくへこたれる様子はない。汚い地下室を居心地のよい空間にし、手仕事でさまざまな物を作り出して周囲の者に分け与えては友を増やし、悪い魔法使いが厄介払いのために課した三つの難題は、武力や魔力ではなく知恵と愛情をもって難なくクリアしてしまう。結果、悪い魔法使いは自滅し、姫さまは魔法使いの城のあるじとなり、さらに国民の支持を得て王の座を継ぎ、めでたしめでたし。
男性を権力と破壊の象徴、女性を創造力の象徴として、わかりやすくも、ややステレオタイプ的に描いている。

これを片淵監督が料理するとどうなるか。他愛のない「童話」が毒入り紅茶になるような、不穏な空気を含んだ物語になってしまう。
(以下、ネタバレしかありません。避けたい方はどうかお戻りください)

アリーテ姫のキャラクターについては、原作ととても近いが、「手仕事の力」だけが抜き取られ、代わりに「手仕事への憧れ」に置き換わっている。姫は人の目を盗んでは城下町を散策し、職人たちのわざを興味深そうに観察するのだ。そして城に帰れば、地下室からこっそりと本を盗み出して過去の世界に思いを馳せる。世の中はどうなっているのか、人々はどのように生きているのかを窓から観察しては考える。見目麗しくないが、聡明な姫君となり、「麗しの姫君」を求めてやってきた王子たちの求婚はことごとく失敗。そこへ現れたのが悪い魔法使いボックス。
ここまでは原作の流れとほぼ同じ。おや? と感じるのは「魔法」がすでに失われてしまった過去の遺産として扱われていることぐらいだろうか。
問題はこのあとだ。

悪い魔法使いボックスは、原作にないことをする。アリーテ姫に魔法をかけて、従順で清楚な姫様へ変容させるのだ。本当は心の動きを封じただけなのだが、少なくとも見た目は魔法使いの力によって、やんちゃでご乱心気味の姫が「あるべき姫になった」という風に映るので、王や家臣たちはたちまちボックスを信用し、アリーテの結婚相手として認めてしまう。
心の自由を奪われた姫は、地下牢に閉じ込められたあとも、いかにも姫様らしく刺繍をしながら「王子様の助け」を待つ日々を過ごす。原作のボックスは、姫を閉じ込めるとすぐに、安心安全に王国を乗っ取るために姫を厄介払いする計画を立てはじめるのだが、本作のボックスはここでも原作と違う動き、退屈に身を任せるということをする。
というのも、姫をさらってきたものの、王国をつぐ野望はほとんどなく、彼が本当に欲しいのは「魔法使いの仲間が助けに来る時」であり、それまでの何もかもが退屈しのぎだからだ。カエルを人にした従僕を相手にし、食事は村の主婦に用意してもらい、ひたすら助けを待つ日々。
ボックスのセリフから推測するに、どうやらアリーテ姫やボックスが生きる世界というのは、少なくとも一度はカタストロフィを経験した世界であるらしい。かつてその世界では「魔法」が栄え、星へゆく船さえ飛ばすことができ、人々は不老長寿を誇ったが、打ち上げた「第2の月」が軌道を外れ、その欠片が地に降り注いだことで地上の文明が滅びたようだ。
当時まだ少年だったボックスは、荒れ地の片隅に城を作り、どこかに生き残っているであろう魔法使いが自分を助けに来て、再び魔法の文明世界を築き上げる日を夢見て待ち続け、魔法の名残にすがって生きるうち、今ではすっかりいい年のオッサンになってしまった。

このボックスの姿と、地下牢で王子様の助けを待ち続けるアリーテ姫の姿はお互い鏡像になっている。というか、ボックスはアリーテに魔法をかけるとき、それと気づかないうちに自分を投影した可能性もあるし、もとから両者は似たもの同士だったと考えることもできる。アリーテとボックスはともに「虚無」を抱えていた。塔のてっぺんに閉じ込められ、ただ美しく純潔であることだけを求められ、それ以外は何もするなと強要されてきたアリーテと、成長する前に世界が滅びてしまい、その後何のフォローもなくただ時を消費して生きてきたボックス。ただし、アリーテは退屈という名の虚無を埋めるために街を眺め、市街地を歩き、考え、知識を求めた。ときおり水晶を通して姫を観察していたというボックスにとっては、順調に虚無を満たしてゆく行為のひとつひとつが癪に障ったことだろう。

だが、魔法世界が滅びてしまったように、アリーテ姫にかけられた魔法もいずれは解ける。姫の場合は、ボックスの食事当番を引き受けていたアンプルという女性の働きかけで魔法を打ち破ることができた。
うまい具合に、アリーテ姫の魔法が解けるのと、ボックスが厄介払いとして「三つの試練」を思いつくのがほぼおなじタイミング。魔法の呪縛から抜け出したばかりか「王女」という立場すらなくしたアリーテは喜々として試練のために外へ出かける。そうして、彼女は自分の力でボックスが居候している村をボックスから解放し、ボックス自身の心さえも解き放ってゆくのだ。最後、アリーテは王のあとを継ぐことなど考えず、ひとりの人間として世界を見る旅に出る。

こうしてみると、アニメ版においても、何かを生み出す女性と、消費するばかりの男性、という構図は軸になっているものの、原作ほどには強くフェミニズムを打ち出されておらず、むしろボックスとアリーテが抱える「虚無」とそれに打ち勝つ方法が描かれているように思う。このアニメが製作されたのは2000年。繁栄した過去の世界にいつまでもしがみつき、動きのとれなくなったボックスのあり方は、当時の社会に漂っていた「虚無感」や「閉塞感」とシンクロしているのではと思える。「魔法」はバブル景気の魔法と読み替えることも可能だ。ボックスの鏡像は画面のこちらがわにこそ、たくさんいる。

だとすれば、アリーテは希望だ。自分の頭で考え、現実を受け止め、新しく生き直そうとする姿は、監督なりに今後の人々の進むべき道を示唆したものであったかもしれない。それは、アリーテに魔法の指輪を与えた魔女の「あたしゃ、今の姿で人として生きることにしたよ」というセリフに集約されているように思う。

広告