今年の二月は精神的にかなりきつくて、本を読むどころではないと思っていたのですが、実はそういう時こそ本は精神安定剤だと実感しました。

O-bakeの本棚 – 2017年02月 (2作品)
光の帝国―常野物語 (集英社文庫)

『セカイヲカエル』は実はタイムトラベルSFですが、移動先が二十年前という微妙に現代と地続きな時代。小学生の主人公たちにとっては、十分未知の世界ですが、大人にとっては、懐かしい子供のころの風景だったり青春時代のほろ苦い風景だったり。
話のテーマとしては、親友と図らずも音信不通になってしまった主人公が、どうやってお互いへの信頼を保ちつつ離ればなれになった時間を生き延びるか、という友情ものであり、また主人公の母とその母の間に存在した葛藤を解決するなど、大人も視野に入ってきています。
よくにた題材を扱った児童書としてこれを思い出しました。

タイムチケット (福音館創作童話シリーズ)

タイムチケット (福音館創作童話シリーズ)
不思議なチケットの力で三十七年前、つまり自分の父親が小学生だったころへ飛ぶ話。
人間関係を時間軸という縦の広がりで捉えることができる秀作です。

『光の帝国』は今が旬の恩田陸作品で、その中でもひとつのシリーズとなっている「常野物語」の最初の本です。異能集団である常野一族が経験するさまざまな出来事――日常のちょっとした事件から、戦時中の悲劇までが、短編連作という形で色鮮やかにつづられてゆきます。どの話も完成度が高く、一粒で何度美味しいのかわからなくなるほどです。また、最終話は二人の若い音楽家が主人公となる話ですが、音楽の描写が半端なく濃くて深く、なるほど『蜜蜂と遠雷』の作者だなあと納得したのでした。

powered by Booklog

次はコミック2作品。どちらも素晴らしいの一言につきます。優れたフィクションは現実の上塗りすら可能なのですよ。

O-bakeの本棚 – 2017年02月 (2作品)
とんがり帽子のアトリエ(1) (モーニングコミックス)

物語としては超正統派で安定感のある面白さ、しかも魔法のルールがきっちり設定されている。設定フェチにはたまらんです。

powered by Booklog
広告